GW 直島篇

0
    一泊 だけ  直島 へ  

    ち いさな 宿 で 自転車 借りて

    島 半周 の  サイクリング で アート 鑑賞


    到着時 は  やっぱり ココ で  記 念 撮 影


    夜 の オブジェ も  なかなか 見応え あ って


    次の 日 は 豊島 に ちょっと 寄って み  た 


    ミニマル と 自然  パワー と 静寂  変化 と 佇まい

    からっっぽ で  感じる こと

    なんとも 居心地 よすぎ  また来よ 

    今更GWのおもひで

    0
      海  逗子 映画祭 



      スケボー の 大会


      ハイキング 登山


      身体 が 動きたい って いってる   パワー み な ぎ る

      Sayoko Yamaguchi 現美

      0
        時代 と 共に 駆け た ファッション アイコン の小夜子 さん を  見てみ たく

        おもむいた  今日 の 美術館

        妖艶 さは あれど  どち ら かと  いう より 個 性 的  

        あの風貌 が 最早  鎧 のよう な 強  さ

        華やか な ファッション の 彼女 より 

        表現者 と して の  挑戦 の ほうが 色 濃 く 映 る

        さら に  気になる 存  在 と して

        最初 の  思い とは  別 の 意味 で  自分 の 中 では  納  得

        最後 の 谷崎潤一郎 の 陰影礼賛 の 朗読 に  眼を 瞑 る

        日本 の 陰 は  やはり 美 に 包まれて い る の だ

        窓 ガラス の  外  木々 が  清々 し い  陽気


        あの 人 に 限った こと じゃ なく  人 として 魅力 が ある と は

        どう いう こと だ ろう

        いま 出会う ひとり ひとり を  しっかり 見つめたい  今日 この ご ろ
         

        SUNDAY

        0
          渋谷  午前中 の 打ち合わせ  脱線 する 話 も 面白い し 

          息の合う メンバー で  モデル 探し も いい感じ  楽しみ な 仕事 に なりそう

          暖かく って  いっぱい 歩きたく なる 陽 気   そのまま 代官山 展示会

          SIILON という ブランド  今回 祝 デビュー

          なつかし さと ガーリー さと  スパイス の 効いた 感 じ




          日中 暑すぎて 中目黒 の UNCINQ に  返却 ついで 半袖探し て マリンルック

          夜 は  友人 の 歌声 聴 き に  イベント へ

          フルーツ ビュッフェ 付き で



          彼女 が 歌 う と  体 が 揺れ る



          面 白い 事 が 始まる 予感  手を 動 かしたく って ワクワク しながら

          あぁ 一日 が 終 わ る
           

          Rouge

          0
            季節の 変わり目 なの か 体調 宜しく なく 花粉 の 残り火

            金属アレルギー 再 発  口内炎  手荒 れ 

            せっせ と 果物 で ビタミン 摂取

            連チャン 早朝 ロケ  で  深呼吸



            テン ション 上 げる に 一役買 って くれた の は

            着物 にも 合いそう な  赤 い リップ が欲しく て

            不慣 れ で どきどき しながら  買った

            CHANEL の  Rouge COCO

            メイク は しなく て も  リップ で 気分上乗


            HAPPENING show

            0
              学生の 頃 伏見京子 さん の スタイリング を 雑誌 で よくみていた

              あ の 頃 の 装苑 は  面白かった という のは  時代錯誤 か 年寄り か

              そ の 方が 主催 で   開催 している 新しい 形であろう SHOW

              知り合い の 方 が 参加 していた ので  お邪魔 して きた



              素材 の 気に な る コスチューム 的 な  要素  き っと フォトジェニック

              ちょっと した学生 気分 の  やっちまえ 感 が  逆 に

              創作 意欲 を  燃えさ せ る

              やっぱり ファッション は 楽しい が  大前提 なの かも しれ ない

              東京の カルチャー は  吸収力 が いい



              見物人 と 同じ方向 を むく アートピース

              アプローチ 次第 で  事 は 色んな 方向に む く

              きっかけ を つくる 人  は  時代 を  感じ る

              absorption

              0
                Native Village の 展示会   赤い服 に 引寄せられて 



                店内 も さすが の  センス



                フォルム の  愛らしい  ブラウス 達 に  一目惚れ




                日付 は 変わる  ぐるぐる  時計 が まわる

                どうにも  吸収 を 欲し てい る 時季

                久し ぶ り に  普段着 着物   二眼カメラ 担い で  外 へ

                ふらふら  近所 を ウォッチング    いつも の眼を 切り替えて 

                フラット で いると 何処にでも ある のに 新し い 被写体 を 発 見 する

                こういう 時 閃き って のと 似 て る  嬉しくて わくわく する

                そのまま  ふら っと  国立新美術館 の マグリット 展 に も

                シュルレアリスム とか 問題的 とか  たまに哲学 とか  その上

                ささ や き 見る側 の 発言 も なかなか 興 味 深 い 

                (勝手 に 周りの 声 を 聞いて いた だけ だけど)

                ボリューム の ある 展示


                夜 は  ひと泳ぎ して  まだまだ 充実 とは ほど遠い  気 持 ち

                欲 して は  虚しさ を 感じ て  気づいて は  安堵 する
                 

                舞台〜マームとジプシー

                0
                  虎ノ門 方面


                  ホテルオークラ 本館 が  改装 する 前 に

                  歴史的 建築 だと いう  建物 を 見 に

                  ランチ しな がら  と 誘わ れ




                  原宿 方面


                  ファッションクリエイター 達 の A/W 合同 展

                  久々 の 方達 と お話 しな がら リサーチ して たら

                  あっと いうま に  時間 が 過ぎ て

                  駆け足 で  飛び出す


                  横浜 方面


                  サイモン・マクバニー演出 の 春琴 以来 の 舞台 鑑賞

                  マームとジプシー の ヒダリメノヒダ

                  ゲスト を 迎え 実験的 で いて 細かな 演技  に 見入る

                  リフレーン が 脳内 と  同調 す る


                  渋谷 方面


                  美味しい 日本酒と 鳥刺し で 舞台鑑賞の 話  アートの 話  恋愛の 話

                  事実というものは 存在しない 存在するのは 解釈だけである (byニーチェ)

                  すべての 芸術 は 音楽 の 状態に 憧れる (byウォルター・ペイター)

                  って 話
                   

                  Movie〜Dior&I

                  0
                    雨 の 多い 1週間  

                    返却 まわり   晴れ間 を 見つ け て 

                    クロックムッシュ と シードル で  遅めの ランチ



                    平日 に  ふらっと 映画 見れる のは  フリーランス の 特権

                    見たかった Dior & I  ラフシモンズ の オートクチュール ファースト コレクション

                    熟練の 職人 と 確固たる 意思 と  気が遠くなる 手仕事と 思い描く 美しさ

                    緊張感 と 報われる こと  華やか な 舞台 の 裏側 

                    涙 の フィナーレ


                      
                    大半 を 作る こと に 費 や す

                    こんなに も 溢れる も の だ  って 

                    誰 が 教えて くれ る だろう
                     

                    ひさびさロケ

                    0
                      ロケ 好き で も  天気 が 怪しい  と 不安

                      素 敵 な 別荘 で  小雨 と 桜 に  見守られて

                      憂鬱 も なんのその  撮 影  は 順調  



                      向かい の お家  今や 珍しい 煙突 から 煙 が 立ち上り

                      フラッグ が シルク なのか  そよぎ かた が 滑ら か

                      バラ の 棘  アロエ の 棘  急な 階段  突如 あらわれる 虫達

                      あがり が 楽しみ な  撮影 現場


                      << | 3/40PAGES | >>

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      categories

                      others

                      qrcode

                      無料ブログ作成サービス JUGEM